ゆいなのわんわん生活
          我が家の「ゆいな」はシー・ズー犬。この犬種を飼うなんてまったく思ってなかったのに・・・ 飼ってみたら可愛い!! 実は大型犬好きな紫苑の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調味料バトンが来たよ
Michiyoさん、しっかり受け取りましたよ^^

調味料バトン 紫苑の場合

・次のメニューに調味料はかけましたか?薬味は含みません。
目玉焼き        醤油       
納豆           醤油とだし
冷奴           醤油
餃子           餃子のたれ
カレーライス      なし
ナポリタン        なし
ピザ           タバスコ(ほんのちょっと)
生キャベツ       マヨネーズorソース
トマト           しお
サラダ          ドレッシング各種 
牡蠣フライ        ごめんなさい、食べられない!
メンチカツ        トンカツソース 
コロッケ          トンカツソース
てんぷら         天つゆor抹茶塩
とんかつ         トンカツソース
ご飯(おかずがない時)  しお                 

・周囲に意外と驚かれる好きな組み合わせは?
 メロンに塩


・それが一般的だと分かっているのに苦手な組み合わせは?
 キャベツに醤油


 ・バトンを回したい5名は誰ですか?

 ・ナナ姉さん ショップが忙しいところすみませんがお願いします。
 ・あこちさん ヘム君との楽しい時間をおじゃましますがお願いします。
 ・里々さん  帰国のお忙しいときにおじゃましますがお願いします。
 ・せりさん  ラブ君とおたわむれのところすみませんがお願いします。
 ・タツローさん お仕事が終わったひとときにすみませんがお願いします。

皆様 よろしくお願いします!
スポンサーサイト
すずめの「ちゅぴ」
「ちゅん、ちゅん、ちゅん」
去年の今頃、うちでは毎日すずめの声がしていました。
さくらが学校のお友達からもらったすずめを飼っていたのです。
名前は「ちゅぴ」
来たときはまだ羽が生え始めたばかりの小さな子でした。
ちゅぴは虫を食べてどんどん大きくなり、羽ばたきの練習もしっかりしていたのになぜか飛べないのです。
「おっかしいなぁ?もっと羽ばたきの練習しないとダメだよ。」そんなことを言って笑っていました。
昼間はうちの中で放し飼いにしていたのですが、私の後をちゅんちゅん言いながら走ってついてきます。
気を付けないと後ろにいて、踏みそうになったり(汗)
小さいだけにものすごく気を遣いました。
でもそんなところがまたかわいいんですよね^^
そんなこんなしている間に飛べるようになるかと思っていたのですがぜんぜんダメです。
本当に飛べないようだとなると自然に帰すことはできません。
「ちゅぴ、あなたは一生ここにいる?」なんて言って、覚悟を決めていました。

子供達が夏休みに入って、登校日の朝のこと。
いつものようにちゅぴの入っている鳥かごに「ちゅぴ、おはよ~」と声をかけながらかけてある布を取ると・・・
ちゅぴは下に置いてあった水浴び用の水の中で死んでいたのです。
私はショックが大きすぎて、しばらくちゅぴを見ることすらできませんでした。
子供達も大泣きです。
特にさくらはべそべそしながら学校へ行きました。
お兄ちゃんはさすがに男ですね。ぐっとこらえていたようです。
2人が学校から帰ってきてから、お墓を作って埋めてあげました。
次に生まれるときは、もっともっと長生きできるように。
そんなことも少し関係して、ゆいながうちに来ることになったのかも知れません。
その日は8月10日。もうすぐです。
1年が経つのなんて早いですね。

でも私にはちょっとしたトラウマができてしまったようで、夜寝ている間にゆいなが死んでしまうのではないかとすごく不安になるのです。
夜中に目が覚めたりすると横で寝ているゆいなの寝息を確認したりしちゃいます。
ゆいなにとっては「ねてんのに~、もう!」って感じかも知れないですが(笑)
ちょっとだけガマンしてもらっている日々なのでありました。


来たばかりの時
うちに来てすぐの時の写真。まだまだあんまりかわいくないなぁ。歩くのもよたよたでした。
(クリックで大きい写真が見られます)

だいぶ大きくなった
ソファーの上でポ-ズを取ってみました。お気に入りの1枚です。
(クリックで大きい写真が見られます。)
実は今日・・・
私の誕生日なんです。
3●歳になりましたよ~
どんどん年をっとっていくなぁ~(哀愁)

誕生日と言えば、ゆいなの誕生日はけっこう適当です。
市役所に登録をしに行ったとき、誕生日を書かなくてはいけないのですよね。
係の人に「迷い犬だったので誕生日はわからないんです」と言ったら
「ああ、適当に決めちゃっていいですよ」と言われた。
適当ねぇ~・・・
ふと思いつき「あ、じゃあ4月1日にしちゃえ!」と書き込んで決まりました。
実は4月1日はさくらの誕生日!一応ゆいなはさくらの誕生日プレゼントということになっているのでちょうどいいか!と思ったわけです。
鑑札をもらい、誕生日も決まって晴れてうちの子になりました。

しばらく前にカレンダーの登録の記事を読んだので登録しようと思っていってみました。
そうしたら4月1日は埋まってたんですよ~(涙)
遅かったか!!
来年こそは登録するぞと心に決めた私でした。

散歩のあとは・・・
ゆいなは散歩から帰ってくるとごはんの時間です。
でも昨日はゆいなのごはんを作るのを忘れていたためすぐに食べられません。
↓おじやを煮ているあいだ、待っているゆいなの姿

ごはんを待っているの図1
私を見て「ごはん、まだ?」と目をキラキラさせています。ものすごくかわいい顔するのよねぇ・・・
でもまだ煮えてません!!

ごはんを待っているの図2
ちょっとテレビが気になっちゃってそっちを見たゆいな。でもすぐに私に視線をもどします。
おじやの様子を見に行くのに立ったりすると私の前を先頭切って歩きます(笑)でも、まだよ~

ふてくされたゆいな
待てど暮らせどもらえないので、ふてくされて寝ました。
だからって、アツアツのおじやをあげるわけにはいかないもんねぇ。
冷ましてるからもうちょっとガマンして!

いっぱい待たせたお詫びに、もーれつに奮発して牛肉!などというものをトッピングしてあげました。
嬉しい?感謝してね^^

でもいつものごとくあっ!!という間に食べ終わったゆいなでした。
もっと味わおうよ~(涙)


親バカしてみます
最近、テンプレートのカスタマイズばかりしているので更新が滞りがち。
写真もぜんぜん撮っていないのです。
携帯に残っているもので載せられるものはないかしら~と探していたらこんなかわいいのがありました^^

寝ています
真っ昼間、暑い中寝ています。よくもまあこんなテ-ブルの下、テレビの近くで寝られますねぇ。
熱気が来ると思うんだけど、ここで寝ることは多いです。
それも誰かが座っていると必ずしっぽが足に触れるように寝ます。
こっちが暑い~
でもそれがまたいいのよね♪


おすまししてます
ちょっとおすましゆいなちゃん。かわいいなぁ。
こういうのを見ると思わずかわいいかわいいって抱きしめたくなっちゃう♪
シー・ズーの大きなおめめがチャーミング!
もう食べちゃいたい!!

タイトル通り親バカしてみました。
読んでる皆さんにはあんまり楽しい記事ではなかったですね~
すみません(汗)

テンプレート
テンプレートを変えようと思って気に入ったものをカスタマイズしているのですが・・・
すっっごい時間がかかる。
昨日は5時間ほどやってできたのは画像の差し替えと、背景の色の変更、カラムの幅の変更のみ。
今日は今日でさっきまでやっていたのですが(4時間ぐらい)タイトル部分のボックスの大きさの変更をして、最後の著作権を書き込んであるボックスの変更をしていたら肝心の著作権が表示されなくなってしまった。
何もいじっていないときのHTMLとCSSを印刷して取ってあるのでそれと比べてみても違うところがない。
結局何がなんだかわからなくなって新たにテンプレートをDLしました。
でも、もうすでにやる気なし。
というわけでこうやって皆さんに愚痴っているわけです(すみません・・・)

本格的にカスタマイズしようとすると本当に難しいですね。
HTMLとCSSの辞典をフル活用です。
基本的なことはわかっていても、結構悩んじゃう。
すらすらとわかればなんの問題もないんですけどね~
あ、でもそれだけわかれば自分で作った方が早いか(笑)
テンプレートが変わるのは、いったいいつのことになるのでしょうか・・・

しばらく前の記事で「ホームページを作りたい」というのを書いたんですけど本当に作れるのかどうか怪しくなってきましたねぇ。
作りたい気持ちは変わってないのでいつかは作ろうと思いますが、とりあえずブログの方を何とかしなくては!
自分である程度カスタマイズできればHPの方も何とかできるような気がする(前にも同じようなこと書いたな~ 汗)

でも苦労してできたときの爽快感は、たまらないものがあります♪
初体験!
窓から顔を出しています
(携帯&夜の撮影のためきたなくてすみません。)

ゆいなが初めて窓から顔を出して車に乗りました!
窓を開けていたので立たせてみたら真剣になってのぞきはじめました。
意外に楽しかったみたい。
新たな発見だったのかも(笑)
車を追い越すときには隣の車を目で見送って、とっても満足げでしたよ~


車が止まったときのゆいな


信号待ちで止まったときはこの状態でまわりをキョロキョロ・・・
夜だったのでいろんなライトがついているのが気になる様子。
何かに真剣になると飛び出ちゃいそうな勢いだったので、リードを思いっきり短く持って引っ張っていました。

このときは30分ぐらいしか車に乗らなかったけど、車酔いはどこへやら。
元気いっぱい、ノリノリで夜のドライブを楽しんだゆいなでした!
次回のドライブでは、自分から窓をのぞきに行くのかな? 
お昼寝中 zzz...
20050714125402
いつものことなんですが、ゆいなはこんな感じで寝ています。
ここしばらく涼しい日が続いているので、うちの中では楽みたい♪
ただし、ワンコの声が聞こえるとぱっと顔を上げて窓のほうに注目!
様子をうかがっています。
たいていは誰も通らないので再びお昼寝続行となります。
もうちょっと私と遊んでほしいなぁと思う今日このごろなのでした。

*昨日の夕方以降からだと思われますが、ここのページへのアクセスがしにくくなっていました。はっきりした時刻はわかりません。
原因を見つけ対処しましたので今は通常通りに戻っています。
それまでの間に訪問して下さった方には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
また、不都合な点などがありましたらコメント覧からで結構ですので、お知らせ下さい。
犬を始めとする動物たちを愛するものとして考えたこと
「動物愛護」ってなんでしょう?
私はその質問に明確に答えることができません。
言葉通りに取れば「動物を愛し守ること」となると思うのですが、それでは説明したことにはなりません。
動物愛護には難しい問題が山積しているからです。
私は犬を飼ってますからどうしても犬の保護がメインになっています。
なのでこの話も犬のことを中心としたものになってしまうことをわかってください。

私は迷い犬だったゆいなを引き取って今いっしょに生活しています。
ゆいなは幸いにも優しい方に保護され健康診断をしてもらい病気がないことが確認され、トリミングもしてもらって綺麗になった万全の状態で里親捜しをしてもらえました。
このことを思い出したとき、ちょっと考えたのです。
「もしゆいなに大きな病気があったら、飼うことができたか。」と。
この答えは「NO」です。

今だからこそゆいなに愛情があるからそんなことを考えると辛くなりますが、保護された当時は所詮「よその犬」でした。
自分のうちの飼い犬が病気になればもちろん治るまで治療するし、治らない病気でも最後の時までいっしょにいようと思います。
でも「よその犬」は違います。
その時点では「可愛い」「捨てられてかわいそう」とは思いますが、その犬が大きな病気を持っているとなった場合、「よその犬」に時間とお金をかけることがわかっていて引き取ることはことはできません。
もしお金をうなるほど持っていても、引き取ることはできないでしょう。
私が愛情を持っていない犬に、自分たちの時間を割くことはできないからです。

では引き取り手がいなかった場合、最終的にはどうなったのか?
保護された方が飼うということが一番初めに思い浮かびましたが、ゆいなを保護してくださった方のうちではそう簡単にできることではありません。
まず、すでに犬を3頭飼っているということ。
そしてご主人も奥さんも仕事を持っており、四六時中面倒を見るということができないということ。
責任を持って飼いたいと思えば思うほど、大きな病気を抱えた犬を飼うことはできない環境だと思います。
保護された方が飼えない、引き取り手も見つからないとなったらどうなっていたのか?
またセンターに逆戻りということもあり得ます。
その後は・・・

このことを考えたとき「病気を持っている犬を保護し、里親を捜すことって、どうなんだろう・・・」と思ったのです。
それが悪いことだとはまったく思いません。
優しい里親が見つかって幸せになれることだってあると思います。
迷い犬を保護してもその犬が病気を持っていた場合、里親が見つからずに時間だけが流れていく・・・そういうことが多々あると思うのです。
でも、そうしているうちにも健康でなんの問題もない犬たちが殺処分されている・・・
そういう現実がある。
こんな事を言うと「じゃあ病気の犬は死ねって事?」といわれてしまいそうですね。
でもシェルターなどの保護活動をしている方たちにとっては切っても切れない大きな問題だと思うのです。

「動物愛護」って、口で言うほど簡単にできることではないのかもしれません。
[犬を始めとする動物たちを愛するものとして考えたこと]の続きを読む
「犬のお願い」のCDのこと
7月6日に発売になったCD「犬のお願い」
私はまだ入手していないのですが・・・

朝、某テレビ局のワイドショーを見ていたときちょうど近所の人が来て玄関先で話をしていたら、どこからか聞いたことのあるフレーズが・・・
「あれ?」と思って、お客さんが話をしているのに神経はテレビから流れる曲に集中。
「あ、『犬のお願い』だ!」
ちょうど私が視聴した部分が流れていたのです!
私はお客さんがいるのにそっちが気になって返事が適当になっていたらしい。
「どうしたの?」と聞かれこのCDのことを話しました。
「へー。そんなのがあるんだね。」
そう言っていました。(とりあえず情報は伝わったな!)
そんなことを話しているうちにそのコーナーは終わってしまい、「ああ~ 終わっちゃった~」
内心がっかりしました。
でも、「テレビ見るからちょっと待って」なんて言えなかった小心者の私。
ダメだなぁ。

でもこのCDがテレビで紹介されたのがとても嬉しかった!
テレビは誰でもが見ることのできる情報媒体。
ネット環境はなくてもテレビのないおうちは今は皆無ですものね。
「犬のお願い」というCDがある、ということを知っている人が多ければ、耳にする機会も増えます。
たくさんの人にこの曲を聴いてもらいたいですものね。
そして少しでも多くの人が犬(欲を言えば動物たち)のことに目を向けてくれたらと思います。

コーナーの最後にコメンテーターの人が
「この曲はヒットしますよ、きっと。」
といっていたのが聞こえました。
そうなるといいなと、心から思います。
[「犬のお願い」のCDのこと]の続きを読む
車に乗るとき
私のうちはみんなで出かけるときはほとんど車です。
もちろんゆいなもいっしょに乗るのですが、乗り慣れていないらしくブレ-キをかけると前に転がり、アクセルを踏むと後ろに転がっていっちゃうのです。
後ろに転がるのは背もたれがあるのでそこで止まりますが、前に転がると足元へ落下!(笑)
ちょっとかわいそうです。
誰かが抱いていれば支えてあげられますが、私と主人とで出かけるとゆいなは後ろの座席に乗せられるので四苦八苦してます。
最終的には助手席の私のところへ来て膝の上へ。
ここなら私が支えるので楽だもんね~
最近はだいぶ慣れたようでしょっちゅう転がるということはなくなりましたが、やっぱり時々落ちちゃってます。

よく車の窓から顔を出して外を眺めているワンコを見かけますがゆいなは外もあまり見ません。
だいたい「伏せ」の状態でいます。(膝の上で)
そのせいかどうかはわかりませんが、長時間乗ると呼吸が荒くなってくる。
酔ってるみたいなんです。
戻すことはないんですが(今までは)ちょっと心配。
車に酔う子は酔っちゃうんですかね。
これから夏になって遠出もするだろうし、何かよい方法はないものかしら?

皆さんのおうちのワンコは下へ落下したり、車酔いしたりしますか?

放浪時代の写真
昨日の日曜日、本棚を整理していたらゆいなが保護されたばかりの時の写真が出てきました。
これは保護してくれたAさんが撮ったもので、ゆいなの里親を捜しているときにトリミングした後の写真といっしょにチラシに載せていたものです。
「記念にこれあげる!うちに来たときはこんなだったんだよ。」
そう言ってくれたものでした。

保護直後のゆいな
チラシの画像を更にデジカメで撮ったので汚くてごめんなさい。

ぼろ雑巾のようだった、とAさんはよく言いますが本当にそうだな~とこれを見て思いました。
今のゆいなの顔を想像することもできません。
この姿でひとり橋の上から川を眺めていたんだ・・・
そう思うと、胸が締め付けられてうるうるしてしまう私です。

ブログを始めて、いろいろな方たちから迷い犬や動物保護センターにいる犬たちのお話を聞くようになりました。
そのお話を聞くとこの写真を見ても「まだましな方なんだ。」と思います。
確かに毛は伸び放題ですが目が見えないほどではないし、怪我も病気もほとんどなく、あったのはしっぽの先に皮膚病が治りかけているためのかさぶたと、皮脂による大きなおできが背中にあったぐらいでしたから。
ゆいな自身きっと体力があったんだと思います。
さすがに体重は3.8キロしかなかったそうですが。

今、外は雨が降っています。そこにも昔のゆいなのように捨てられたワンコたちがいる。
飼い主の身勝手な理由で捨てられてしまった罪のない動物がたくさんいるのです。
センターに保護されたとしても飼い主や里親が見つからなければ処分という辛い現実が待っている。
利益だけを求めて子犬を生まされる繁殖犬、そしてその子犬。医療のためと称して苦しみの限りを与えられる実験動物。どれをとっても人間のエゴが生んだ悲劇です。
それを思うと私は「この状況を何とかしたい。」という気持ちが挫け「人間なんかいるからこんな事が起こるんだ。」というどうしようもない思いに駆られることがあるのです。
でも、それをなくそうと日々活動している方もたくさんいるということをブログを始めて現実的なものとして知ることができました。
そういう方たちを見ているうちに、私も刹那的な考えを押さえ本当に小さな事しかできないけれど努力と協力をしようと思うようになったんです。

まず初めに実践できることは・・・と具体的に考えて思いついたのは
「飼い主のルールとマナーを守ることを徹底する。そして子供たちにもそのことをしっかりと伝える。」
でした。
これからを担う子供たちに伝えることはとても大切なことだと思ったからです。
と、いうことは子供の手本となる親がまず徹底してルールとマナーを守らなくてはいけないということですよね。
まず自分が襟を正していなければ!

「小さな事から、こつこつと」

この精神でがんばっていきたいと思います。



[放浪時代の写真]の続きを読む
ゆいなの日課
ゆいなの日課は人の顔を舐めることです。
夕食が終わって私と主人がソファーを背もたれ代わりにして座っていると、寝ていたゆいなが不意に顔を上げます。
「なあに?どうしたの?」と声をかけると目を「キラキラ」させながら寄ってくる。
「これは来るぞ~」なんて思ってると体によじ登り顔を舐めはじめます。
「ペロペロ」なら可愛いもんですがはっきり言って「べろんべろん」です。
「も~、テレビが見えないよ!」と言って無理矢理どけると、今度はソファーに乗って横から顔を出して何とか顔を舐めようとがんばる!
だからといっていいように舐めさせたら30分ぐらいは平気で舐めているのでこっちが困ります。
「顔はやめて!」って拒否するのですが、ほかは舐めず顔だけです。
主人は「塩分が足りないから欲しくて舐めるんじゃないの?」と言いますが、それなら別に顔でなくてもいいと思うんだけど・・・
30分も舐めて舌が疲れないのかしら?

ちなみに顔をなめられた後は、みんな速攻で洗顔に走ります(笑)
copyright © 2005 ゆいなのわんわん生活 all rights reserved.
photo by Art-Flash
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。