ゆいなのわんわん生活
          我が家の「ゆいな」はシー・ズー犬。この犬種を飼うなんてまったく思ってなかったのに・・・ 飼ってみたら可愛い!! 実は大型犬好きな紫苑の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷い犬(最終回)
迷い犬のシー・ズーをもらうことが決まって、まず確かめなければいけないのは里親が見つかったかどうか。
でも「さくらの誕生日のプレゼント」ということでもらうのでさくらには内緒。
本人のいる前で聞くことはできません。
主人と話をした次の日、子供たちは学校へ行き私は花の水やりをしているとちょうどシー・ズーの散歩を終えたAさんが帰ってきました。
グッドタイミング!
「Aさん!シー・ズーの里親って見つかった?」
「それがさぁ、まだ見つからないんだよ。」
おお!ラッキー!!
「もし全然あてがなければうちでもらおうと思うんだけど・・・」
「いいの?みんな了解してる?」
そうですよね。家族みんながいいって言わないと、あげる方だって困ります。
「子供たちは『欲しいな・・・』って言ってたから大丈夫。
それにさくらの誕生日プレゼントにしようと思ってるからもらうことは知らないんだけど、主人は了解済みだから。」
「ほんと?じゃあ誕生日に連れてくることにすればいいかな?」
うれしそうにAさんが言いました。
とりあえず誕生日に連れてきてもらうことが決まりました。

ところがAさんの予定が変わり誕生日の日は連れてこられなくなってしまったのです。
Aさんの提案で誕生日の前の日に「Aさんから預かっている」ということにしてもらうことになりました。
当日シー・ズーを連れてAさんが来て2日分の餌、首輪、リード、シー・ズーが着ている服と水入れを一緒にくれました。
「いいの?」と私が聞くと
「いいのいいの^^安いやつだから気にしないで。それに預かるんだから用意できないもんね。」
「ありがとう^^」
そこまで気をつかってもらって、ありがたいです。
「近くで飼ってもらえて姿が見えると、私たちも嬉しいから。」
そっか。里親探した人はやっぱりあげた先でどうなってるか気になりますよね。
帰り際、Aさんは
「かわいがってあげてね。」と言いました。
この言葉はとっても重い言葉だと思っています。どんなことがあっても最後までかわいがろうと心に刻みました。

うちへ来たシー・ズーは子供たちにシー・ズーだから「しーちゃん」という仮の名前を付けてもらって呼ばれていました。
呼び名がないのは困るし1日ぐらいのことなのでいいか~と黙っていました。
次の日はさくらの誕生日。
主人がさくらを呼んで話します。
「この子(シー・ズー)はさくらの誕生日プレゼントだよ。しっかり世話をできる?」
「ホント!!ありがとう^^ ちゃんと世話するね!」
嬉しそうにしーちゃんを抱いています。
「Aさんに『ありがとう。大事にするね』って言わないとダメだよ。」私が言いました。
「うん!」
「じゃあ名前を決めないとね。」主人が言うとさくらは
「お兄ちゃんも一緒に考えて~。」
と言って、30分ぐらい2人で考えていました。

「お母さ~ん、決まったよ!!」
台所にいた私の所へお兄ちゃんと一緒にさくらがしーちゃんを抱いてきました。
「なにに決まったの?」
「ゆいな!!」
人の名前みたいだなぁと思いましたが子供たちが一生懸命考えた名前です。
「そう。いい名前つけてもらって良かったね、ゆいな^^」
私はゆいなの頭をなでながらいいました。

その後さくらはAさんにきちんと挨拶をし、朝夕の散歩もがんばって行っています。
土曜日だけはゆっくり寝かせてあげようと思い、さくらが寝ていれば主人か私が散歩に行くことにしました。
それでもきちんと目覚ましを用意して、がんばって起きることがほとんどです。偉いなぁと感心しています。

最後に・・・

ゆいなは犬なので言葉は話せません。
でも、もしゆいなが言葉を話せたら最後の時に
「幸せだったよ」
と言ってもらえるような生活をいっしょにしていきたいです。
それが私たち家族の、ゆいなに対する責任だと思っています。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さっそく来ました!
そうだったんですかぁ。
いい話しですね~。読みながら思わず泣いちゃいました。
いろいろな偶然が重なって、紫苑さん達のもとにやってきたんでしょうね。ゆいなちゃんが川を見つめていなかったら……。散歩中に声をかけなかったら……。
そう思うと、やっぱり紫苑さん達のもとにくる運命だったのかもしれませんね。

これからも、ゆいなちゃんとの日常、いろいろ聞かせてください。楽しみにしてます。
リンク貼らせてもらってもいいですか?

2005/05/18 (水) 18:40:15 | URL | ナナ姉 #-[ 編集]
今日で全部読みました。
いい話だぁ~・・・って、思ったんですけど、
お子さんいらっしゃるなら、
ペットショップでお金払って飼うより、
こういった里親とかで可愛がるのっていいと思います。
やっぱり後々の事思うと、
考え方とか変わってくると思うんですよねぇ。
命の大切さや尊さだってわかる大人になるような気がするし、
捨てられちゃったワンコ捨てるって事はないと思うし、
良かったと思いますよぉ。

暇な時、私が昔書いたBlog読んでみてください。
TBしときます。
2005/05/18 (水) 19:00:28 | URL | アン #-[ 編集]
アンさんへ
最後までおつきあいいただいてありがとうございます。
(これからもお付き合いいただけたら嬉しいですが 笑)
ゆいなが迷い犬で保護センターにいたんだよと子供たちに教えたら
「何で捨てちゃうの!!かわいそう」
とものすごい怒ってました。
アンさんの言うとおり、捨てようなんて絶対に思わないでしょうね。
ゆいなを通じて、どんな命も自分の命と同じように大切に思える人になってもらえたらいいなって感じています。

TBありがとうございます。さっそく読みました^^
生き物を飼うときはもっと相手の立場になって考えて、責任を持って飼っていただきたいものです!
私もまだまだ勉強中なので偉そうなことは言えないんですが「ワンコ飼う権利のない人」を読んだら言いたくなっちゃいました。
運命の出会い、みたいなのって皆さんあるんですね。
私も同じでしたよ。
その気持ちはずっと忘れずにいたいものです。
2005/05/18 (水) 19:47:22 | URL | 紫苑 #Vih51mZU[ 編集]
ナナ姉さんへ
ありがとうございます~ 
来て頂けてとっても嬉しいです♪
リンク、もちろんOKですよ!
私の方も張らせていただきますね。

こんなつたない文章を読んで泣いて頂けるなんて・・・感謝です!
犬だけでなく、動物を愛せる人ならきっと私の気持ちがわかって頂けると思います。
ゆいなが私たちのうちに来るのが運命だったなら、それに答えてあげないといけませんよね。
「幸せだな」とゆいなが思えるようにがんばるぞ~!
ナナ姉さんも応援してくださいね^^
2005/05/18 (水) 20:01:51 | URL | 紫苑 #Vih51mZU[ 編集]
読み応えありましたよ!
紫苑さん、つたないお話だなんて、とってもとっても心温まる物語ですね。そしてまたゆいなちゃんの名前の由来!娘さんのさくらちゃんとお兄ちゃんがなずけたんですね、一生懸命に可愛い名前考えたんだろうね、一生忘れられないプレゼントだね。
さくらちゃん散歩も率先して行ってすごく頼もしいですね、私は子供はいないですが、子供と動物の触れ合いってとっても重要だと思うんですよね、ゆいなちゃんのプロフの写真すごく優しい目をしてるの!今までどんな境遇に居たのか分からないけどこの目は綺麗に輝いてる、さくらちゃんお兄ちゃんと紫苑さん御夫婦と一緒に居られて幸せって感じが伝わってきますよ。。
>最後のときにひとこと幸せだったよって言ってもらえるように‥
ほんとにそうだね、けして長くないワンライフお互い満喫しましょうね!
2005/05/18 (水) 22:32:29 | URL | よきゅ@ #3fIBvpkA[ 編集]
よきゅ@さんへ
完結しました~
皆さんにわかりやすいように書くのって、難しいですね。
でもこうやってコメントをもらうと
「書いて良かったな」って思います。

プロフの写真はカラーだとどうって事のないものなんですが、モノクロにしてみたらとってもいいものになったんで使ってます。
なかなか「これ!!」という写真は撮れないので、大事にしてるんですよ^^
よきゅ@さんやほかの人たちから見てゆいなが幸せなんだと見えるなら、今のところ私たちはゆいなに合格点もらえるかな?
もらえるといいなぁ・・・^^


2005/05/19 (木) 16:16:39 | URL | 紫苑 #Vih51mZU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
一昨日、近所に住むキャバリアを飼うご夫婦にあった。ご主人は仕事関係で知ってる方で、以前にうちのアンティ君と同じ時期に同じペットショップでと言う共通があった事からよく話すようになり、去年引っ越して偶然近所になったので奥様にもご挨拶をしました。奥様はとっ
2005/05/18(水) 19:10:39 | ☆☆☆アンティ君とお姉ちゃんの共同生活☆☆☆
copyright © 2005 ゆいなのわんわん生活 all rights reserved.
photo by Art-Flash
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。